Dvorak奮闘記5~7日目

2006年5月 4日(木) 01:50 | 日記

連休の初日に昼間から麻雀という、セレブな生活を満喫しているフォーキーです。
三鷹駅南口の某雀荘で、昼の1時から夜11時まで、10時間ぶっ続けで打ってました。かなり疲れますが、夜に始めて朝まで打つことを思えばはるかに楽です。
3人打ちらしく出入りの激しい展開になりましたが、トータルでは負け越してしまいました。

というわけで、先月27日から本格的に練習を始めたDvorak配列でのタイピング。5月1日には、会社のパソコンにも自作のシールを貼り、いよいよ本格的に習得すべく本腰を入れることにしました。
仕事では、ちょうどテープ起こしを頼まれていました。膨大な文字数を打ち込むため、タイピングの練習にはもってこいです。とはいってもやっぱり、すぐには上達しません。仕事だから、自分の都合でのんびりとやるわけにはいきません。それに、しゃべってる人の声が聞き取りにくかったり、難しい専門用語が使われていたりするので、声を文字にする作業は困難を極めました。タイピングに気を取られていては、なかなか仕事になりません。だからどうしても、ある程度のところでQWERTYに戻さなければならなくなり、Dvorakを集中して練習できないのが現実です。
翌日には、QWERTY配列を一瞬忘れてしまうくらいに、Dvorak配列に慣れてきました。でもやはり、タイピングのスピードはQWERTYにかなうべくもありません。まだまだ時間がかかりそうです。

7日目となる今日も、Dvorak配列でこの日記を書いています。打ち始めは「本当に6日間練習してきたのか」と言いたくなるほどスピードが遅かったのですが、ここまで書いてようやくスピードが上がってきました。Dvorak配列でのタイピングは、QWERTY配列に比べて圧倒的に左手の動く距離が短いので、慣れるとかなり楽になるんだろうなぁ、としみじみ思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。