2016年のF1の話

2016年11月30日(水) 23:59 | スポーツ

27日の夜はF1の最終戦を見ていました。最後はロズベルグが2位を守ってワールドチャンピオンを決めました。
アブダビのレースでは、ハミルトンがわざとゆっくり走ったことが「汚い」などと言われましたが、本気で走れば普通に優勝して、普通にロズベルグが2位になり、ベッテルやフェルスタッペンとの緊迫した争いは発生しなかったはずです。自分の逆転チャンピオンのためとはいえ、ハミルトンがチームの指示を無視して、体を張って2016年の最後のレースをおもしろくした功績は称えられてもいいと思います。

ニコ・ロズベルグの実力についてはいろいろ言われていますけど、ウィリアムズ時代には後にスーパーフォーミュラでチャンピオンになる中島一貴を寄せ付けなかったのを見て、これは将来のチャンピオン候補のひとりだと思いましたし、メルセデスに移籍してチームメイトにミハエル・シューマッハを迎えたときも、僕はシューマッハはニコには勝てないと確信していて、3年間の成績は実際にそのとおりになりました。
そんなロズベルグを凌ぐ走りを見せてきたハミルトンはやっぱりすごいドライバーで、デビューの年にアロンソと同じマシンで同じポイントを獲得した時点でそれは証明されていたわけですが、そんなハミルトンとマクラーレン時代にほぼ互角の戦いを見せたバトンはやっぱりチャンピオンにふさわしいドライバーだったと思います。
つまりはハミルトンとアロンソとバトンはたがいに遜色ない強さを持つドライバーで、ロズベルグもそこに肩を並べる実力があるということ。

ここまでは、競馬でよく使う「ものさし」の考え方で、ハミルトンを基準に各ドライバーの実力を見てきたのですが、フェラーリとレッドブルのドライバーは上記4人と同じチームになったことがないので直接の比較はできません。この4人の中だと、今年の成績と、2014年のレッドブルでのベッテルとリカルドの力関係を考えれば、リカルド≧フェルスタッペン>ベッテル>ライコネンという序列になるでしょうか。
ベッテルが、レッドブルのチーム力がまだそこまで絶対的でなかった2010年にアロンソを破っていることを考えると、アロンソとベッテルの実力は拮抗していると考えられます。その上にレッドブルのリカルドとフェルスタッペンがいるとしたら、順当にいけば、ふたりとも確実に一度はワールドチャンピオンになると思います。もしハミルトンとリカルドが同じチームになったら、リカルドが勝つんじゃないかと思っています。
そんな感じで今のF1の勢力図を見ています。

来年はレギュレーションが大幅に変わり、マシンがかなり速くなるようなので、高出力と前後左右上下のGをねじ伏せる腕っぷしがないとマシンの性能を引き出せないでしょうし、マシンの性能以外にドライバーの対応力も問われそう。だから来年は、レッドブルのリカルドがチャンピオンに近づくのではないかとなんとなく思っています。
あとは次世代を担うドライバーとして、ペレスに対するオコン、ボッタスに対するストロール、グロージャンに対するマグヌッセン、ヒュルケンベルグに対するパーマーが、それぞれチームメイトに大きく勝ち越すようなことがあれば、2~3年後にはチャンピオンを狙えるところに来そうです。このあたりの「中堅対若手」のチーム内バトルがいつになくおもしろそう。マクラーレンのバンドーンはさすがにアロンソにはかなわないでしょうけど。

来年は今までの燃費重視のマシンから、燃費を少し犠牲にしてもスピードを上げるという方向に舵を切るわけですが、追い抜きはむしろ今年より減るのではないかというドライバーもいるし、そもそも高出力のマシンを支えるタイヤの性能への懸念もあるので、「来年は今年よりおもしろくなるはず」と軽々しく言えませんが、ともあれ変化があるのはいいことです。来年もメルセデス無双だとさすがにつらいので、メルセデスとレッドブルとフェラーリと、できればマクラーレンも毎回優勝を争うような1年になってほしいと思います。

駅の真ん前は禁煙エリアに決まってるのに、そこで堂々とタバコを吸うような人間に社会は居場所を与えちゃいけない

2016年10月 7日(金) 09:02 | 日記

今日の朝、駅の出入り口のところでヤンキー座りをしてタバコを吸っていた、スーツを着た白髪の親父。
イラッとしたので、わざとそいつの目の前を通って、足で蹴るような仕草をしてみました。
彼が少しでもイラッとして、居心地の悪さを感じてくれればよかったのですが。

タバコといえば先日、国立がん研究センターがこんな文章を公開して話題になりました。

受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解 << 国立がん研究センターについて

国立がん研究センターの「受動喫煙が肺ガンリスクを高めることは確実」という発表に対して、喫煙者をかばうために受動喫煙の害を小さく見積もりたいというポジショントークを繰り広げたJTが、「寝言は寝てから言え」と見解を全否定されたという構図ですね。

「受動喫煙と肺がんに関するJTの反論」を国立がん研究センターが完全論破 - GIGAZINE

詳細な解説は上記のサイトにあるとおりで、JTが「受動喫煙は気配り、思いやりの問題」と喫煙者の責任を矮小化するような印象操作をしようとしたことに対し、国立がん研究センターは「違う。健康被害、他者危害の問題だ」とたしなめています。

今朝、人通りの多い駅前でタバコを吸っていた男も、自分の快楽のために電車の乗客に健康被害を与えていたことになります。「気配りや思いやりが足りない」という基準ではなく、「他者への危害」という観点で彼を断罪すべきだし、他者に危害を加えるような行動は社会から排除すべきです。駅前のような人通りの多い喫煙禁止エリアでタバコを吸うのをやめないのなら、社会は彼に居場所を与えてはいけないと思います。

大多数の喫煙者はルールを守っています。彼の行為は喫煙者の顔にも泥を塗るものです。僕もできる範囲で、ルールを守らない喫煙者に対して拒絶の意思表示をしていこうと思います。

最近の活動

2016年9月30日(金) 22:45 | 日記

1か月半ぶりのごぶさたです。もう9月も終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。
生活環境は何ら変わっていません。東京の武蔵野市の片隅で、あいかわらずひとりでのんびり暮らしています。

先週の土曜と日曜は「@JAM×ナタリーEXPO2016」という、アイドルが集まるフェスを見に幕張メッセまで行ってきました。
7月には「アイドル横丁夏まつり」(これは2日間のうち初日のみ)と「アイドル甲子園FESTIVAL」、8月には今年から3日間の開催となった「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」へ行きました。見たいアイドルはほぼ網羅できて、KSDDとしてはとても充実した夏でした。

この夏、個人的にがんばったのはパソコンの買い替えです。7月末にWindows10の無償アップグレード期間が終わるのと、手持ちのハードウェアがWindows10に対応していないということで、CPUやらマザーボードやら買い替えてハードの交換とアップグレードを一気にやったのですが、トラブル続出でものすごく苦労させられて、すべてが落ち着くまで2か月近くかかりました。
パソコンの自作は、うまくいかなくても誰のせいにもできないのでたいへんです。

仕事の方では、夏休み明けから重くて不愉快な案件を抱えることになり、夜遅くなることが増えました。僕もかれこれ40年近く生きていますが、人間という生き物はかくも多様性に富んでいて、自分の常識なんてちっぽけなものなんだということを日々思い知らされます。こちらの予想や想定を軽々と超える言動や行動を仕掛けてくる相手に対して、どう向き合えばいいかを日々試行錯誤しながら生きています。

今日もまだ会社にいます。早いところ今の状況を抜け出したいものですが、今はそういう巡り合わせということで、変に抗うことなく、そのうちまたいいことがあると信じて、静かに日々をやり過ごしている今日このごろです。

帰省ならびに実家の近所の風景

2016年8月13日(土) 20:46 | 日記

8月11日から今日まで、愛知県高浜市の実家にいました。小学校に上がったばかりの姪は松井玲奈さんに似てきました。
親から「太ったからやせろ」と言われ、こちらも当然自覚症状はあるし、買ったばかりのズボンの股がすぐ破れるという実害もあるので、さすがに本気でダイエットしないとまずいと思いました。
今は帰りの新幹線の中です。

今回は、僕が生まれ育った街の風景を少しだけ紹介したいと思います。
大山公園1
まずは大山公園。
高浜市には大きな公園が少ないのですが、たぶんここが市内で最大規模だと思います。
ここは小学校の最初の遠足で行った場所でもあります。写真にあるような神社の境内と、子供が遊べる広場で構成されています。昔は大きな鳥かごなどがあって、ちょっとした動物園にもなっていたのですが、いつの間にかなくなっていました。
学区が違うので実はそんなになじみのある場所でもないのですが、秋には「おまんと祭り」という馬を走らせる祭りがあるので、見に行ったりもしました。
大山公園2
神社には猫もいました。

公園ではスマホを持った人が何人か歩いていました。ポケモンでもいるんでしょうかね。僕は例のゲームには手を出していないのでそのへんは疎いのですが。

明石公園
続いてはお隣の碧南市にある明石公園です。
高浜と違って、碧南には海沿いに大きな公園がいくつもあります。南に行くと臨海公園、さらに南には虹の公園というところがあります。明石公園は高浜市の南に隣接しているので、南中学校の学区からは至近距離です。
写真にあるように、子供向けの遊具はだいたいそろっています。観覧車、ゴーカート、サイクルモノレールにメリーゴーランド。いずれも1回100円。パターゴルフ場もあります。今日は暑すぎるのか、人はまばらでしたが。
衣浦臨海鉄道
こちらは明石公園の駐車場から国道247号線をまたぐ歩道橋から見える、衣浦臨海鉄道の線路。写真の上側が南、つまり碧南方面です。貨物専用線で、火力発電所の石炭などを運んでいるようですが、走っている車両を見かけたことはほとんどありません。

無我苑1
無我苑2
こちらも碧南市の施設で「哲学たいけん村無我苑」です。実家から車で5分そこそこの距離ですが、住宅地の中のわかりにくい場所にあります。
ここはちょうど20年前、1996年の夏に大学の友人とはるばる京都から訪れたきりですが、なんとも言語化しにくい、とても不思議な体験ができる場所でした。税収が全国でも屈指の碧南市の財力を感じられる場所でもありました。今はどんな感じなんでしょうかね。
これに対抗しうる施設としては、わが高浜市には「かわら美術館」というのがあるのですが。そっちも写真を撮ればよかった。瓦といえば、高浜市は、9月に行われるアイドルフェス「@JAM×ナタリーEXPO」にも出演するJ-POPユニット、ONIGAWARAの故郷でもあります。

世は少子化だと叫ばれていますが、実家の周りには人が増えています。市の財政も、地方交付税なしで黒字になったそうです。高浜市はいいところです。

千年少女

2016年7月 8日(金) 17:36 | 日記

京都駅北口
京都駅の北口からの風景。京都タワーや旅館は昔からある懐かしい建物ですが、ロームビルは最新鋭の立派なビル。伝統と革新が入り交じる、まさに温故知新の街です。いやそこはほめるとこじゃないか。
京都駅南口
南口の2階は増築してたんですね。ここの真下は、昔は高速バスの発着所だったはずです。今はすっかり整備されて、かつてのバスのたまり場はタクシーの通り道になり、バス停は整理されました。
京都で夜行バスといえば、格安バスの運営会社の誘導が不親切だったために現地にいながらバスを逃して、危うく帰れなくなりそうだったときに、たまたまJRバスに空席があって、余分に8000円くらい払ったけどすんごい快適な旅だったことを思い出します。

京都は仕事で来ました。せっかくだから街を散歩でもしようかと思っていたのですが、天気が悪くなったのと、あまりゆっくりしていられない事情もあり、今は東京へ向かう新幹線に乗っています。

日記のタイトルは、京都といえばアイドルオタクにはおなじみ、ミライスカートの曲です。最近は東京で見かける機会も増えました。今日は丸太町メトロあたりでライブでもやってたら行こうかなと思ったら、さすがにそんな予定はありませんでした。明日は名古屋で対バンライブに出るようですね。

現状維持

2016年6月30日(木) 23:17 | 日記

気づいたら2016年も半分が過ぎました。これといって環境が変わることもなく、30代最後の1年もカウントダウンが始まっています。

「現状維持」は何もしなければ成し遂げられるものではなく、今の環境を維持するのにもそれなりの努力が必要です。
何も問題を起こさず生きてるということは、それだけで尊いことです。自分で言うなという話ですが。
下半期こそ、現状維持から一歩先に進みたいものです。

大阪で一泊

2016年5月 4日(水) 00:39 | 日記

ゴールデンウィーク恒例の野外フェス「祝春一番2016」は、いつもよりやや早めの18時に終わりました。
ここからはいつものルートで、まずは日本橋のCDレンタルショップ、K2レコードに向かいます。難波駅から歩いて10分ぐらい。途中の道にはアニメグッズを扱うショップが並んでいて、ずいぶんとにぎわっていました。
K2レコードでは毎年、フォーク関連とエレクトロニカやポストロック、それとアイドルのCDをたくさん借りて、東京に帰ってから郵送で返しているのですが、今年は借りたいCDがあまり見つからなかったので、初めて何も借りることなく帰りました。次に行くのはもしかしたら1年後ですけど、顧客情報は残ってるんですかね。

K2レコードからホテルまでは歩いて行きます。通り道には通天閣。緑色の光を放っていました。
通天閣
通天閣の南は新世界。人気の串カツのお店には長い行列ができていました。夜の20時前という時間帯のためかもしれませんが、新世界全体が、これまでより観光客が多いように感じました。

ホテルは動物園前駅のすぐ近くにあります。都心からそんなに離れてないのに、2000円台で泊まれます。もちろん部屋はふとん1枚分のスペースでトイレもシャワーもなし。お風呂もトイレも共同ですが、大浴場はけっこう広くて快適でした。バスタオルもちゃんとあります。しかもなんとWi-Fiが使えます。何の不足も不自由もありません。
ホテルの男子トイレ
ただ、上の写真は男子トイレの小便器の上なんですけど、おそらくは花瓶の代わりでしょうかね。ワンカップ大関のグラスが置いてありました。このあたりの地域柄を表しているかのようです。

この近くには、釜ヶ崎といういわゆるドヤ街があります。ホテルが安いのはそのためです。実際のドヤ街は、僕が泊まっているホテルから南西に歩いて5分くらいの場所です。そちらには1500円前後で泊まれるホテルもあります。以前に一度泊まったことがあるのですが、やっぱり駅前のホテルの方がいろんな意味で環境はいいですね。1000円ほどよけいに払う価値はあります。
スーパー玉手
写真は、ドヤ街の近くにある「スーパー玉手」。最近では東京人にもよく知られるようになりました。黄色い看板がめちゃめちゃ明るいので、夜に看板を撮ろうとすると周りの風景が全部消えてしまいます。名古屋人にわかりやすく説明すると、ラーメン横綱の看板みたいなやつです。
今回は外観を撮影したのみで、買い物はしませんでした。ネットの怪しげな情報が本当かどうか、実際の商品を確かめたい気持ちもあったのですが、空腹に耐えられなかったので、ビールと串カツを摂取しに新世界へ行きました。
串カツ1
「だるま」というお店はいつも行列ができていて、ずっと気になっていたけど一度も入ったことがありませんでした。人がいちばん並んでいる通天閣前以外にも何店舗か支店を出していて、そのうちのひとつがたまたま誰も並んでいなかったので、これはチャンスだということで入ることにしました。
実は「串カツなんてどこも変わらないんじゃないの」と見くびっていました。だけどここの串カツを食べてみて、そんな考えは吹っ飛びました。確かに行列ができるだけのことはある。牛肉が柔らかくて食べやすい。ほかのお店とは明らかに違いました。
今日はせっかくの旅行ということで奮発して、黒毛和牛とイベリコ豚と華味鶏の3本888円なんてのにも手を出してみました。どの串もとろけるようなおいしさ。ぜいたくな気持ちになれました。
串カツ2
調子に乗って2軒め。こちらではどて焼きも注文しました。ここの串カツは、過去のいろんなお店で食べてきた串カツと同じような味でした。

串カツ屋さんを2軒はしごで出費は4000円ほど。このうちお酒は生中3杯で1500円です。けっこう食べたので、まあまあコスパはいいと思います。

今回の旅行は一泊二日です。明日には東京に帰ります。