不運の鈴

2017年8月13日(日) 23:52 | 日記

5月の大型連休には関西へ行くのが通例になっていまして、今年の5月5日には豊中の服部緑地で「祝春一番」というライブを見に行き、翌6日は京都を散歩していました。
今回書くのは、京都で起きた世にも奇妙なできごとと、その奇妙さから訣別するためにきのう起こした行動に関することです。

京都は学生時代に暮らした街ですが、いまだに行ったことのない場所がたくさんあります。今回は出町柳から叡山電鉄に乗って終点の鞍馬まで行って、鞍馬寺から山道を歩いて貴船神社にいたる旅を楽しんできました。
叡山電鉄
観光仕様の電車。座席が外側を向いています。精華大を越えるとほぼ山の風景です。

鞍馬駅を降りて、ケーブルカーに乗って鞍馬寺へ行きます。外国人観光客の姿もありました。せっかくなので大きな画像を載せてみます。以下、画像をクリックすると拡大します。
鞍馬寺
ここから山道を延々と歩きます。
山道1
山道2
山道3
1時間半かけて歩いて、ようやく貴船神社に着きました。
貴船神社の鳥居
貴船神社の絵馬
神社に絵馬コーナーがあったのでのぞいてみると、「モラハラ夫と無事に離婚できました」というなかなか重たい報告がありました。
世の中から不幸な人がひとり減り、不幸になるべくしてなる人間がひとり増えたことを喜びながら、僕もその幸運にあやかろうと、神社の売店でちょっとしたグッズを買うことにしました。この判断が、後に数々の不幸を引き起こすことになるとは知らずに。

幸運をもたらすはずだった鈴。その上品で澄んだ音からは、とても不幸なんて連想できません。いろんな色の鈴が売っていた中で紫を選んだのは、好きなアイドルの担当カラーが紫だから。縁起がよくないので、どこの誰とは書きません。
不幸は鈴を買ったとたんに訪れました。長いこと山道を歩いてのどがかわいていたので、近くの自動販売機で水を買うために510円を入れたのですが、お釣りの400円が出てきません。誰かのいたずらで、お釣りの出口にコインが差し込まれていました。

余談ですが、貴船神社から貴船口駅に向かうバスの中には、愛乙女☆DOLLの朝比奈花恋さんにそっくりな人が、友達の女性とふたりで乗っていました。らぶどるはこの日は東京でライブがあったので本人ではないのですが、双子の姉妹かというくらいそっくりでした。

そんなこんなで東京に帰ってきまして、貴船神社の鈴はパソコンのラックに吊すことにしました。
鈴
自販機のことはたまたまで、この先は幸運がやってくるだろうと期待したのですが、その後もいろいろな不幸が僕を襲いました。思いつく限りでは以下のとおりです。

・絶対に録画したかったテレビ番組の録画に失敗
・旅先でバイクが再起不能の故障
・いまだに治らない口内炎が舌にできた
・某アイドルの全席指定のワンマンライブの座席が、かなり早くチケットを買ったのに良くない席だった(これは鈴を買う前のことですが)

もちろん悪いことばかりではなく、いいこともいろいろあったのですが、高速道路でバイクのエンジンが止まったときにはさすがに呪われてると思いました。オーバーヒートに気づかずにエンジンを高回転で回し続けた自分も悪いのですが。

普段はオカルトや占いの類はまるっきり信じてなくて、星座占いや血液型占いなんて気にしたことすら一度もないのですが、鈴を買ったタイミングと、嫌なことが立て続けに起きたタイミングが一致したのはさすがに気持ち悪かったので、問題の鈴を手放すことにしました。わざわざ京都の神社で買ってきた鈴を、壊れても汚れてもいないのに捨ててしまうのはもったいないのですが。
公園の木に吊した鈴
実はおとといから高浜市の実家に来ていまして、鈴は市内のとある公園の木に吊しました。
たまたま僕との相性が悪かっただけかもしれないので、これからはこの鈴が誰かにとっての幸運のお守りになってくれることを願います。

東京都議会選挙について

2017年7月 2日(日) 22:55 | 日記

国政においても、既存の野党ではない自民党の対抗勢力が出てきたら、有権者の票は簡単にそっちに流れてしまう可能性が高いことを示した都議選ではないかと思います。
小池都知事が率いる「都民ファースト」は、そもそも小池知事が安倍首相と同レベルの右翼で、自民党とどこがどう違うんだという話ですが、むしろそうだからこそ、国政でやりたい放題の自民党にあきれた有権者が「自民党じゃないけど自民党とそんなに違わない勢力」に票を入れたのが、今回の都民ファーストの躍進につながったと理解しています。

個人的には小池氏の主張にはこれっぽっちも賛同できないのですが、たとえそうであっても、現政権はまさに「権力は腐敗する」という格言どおりあまりにもひどすぎるので、たとえ小池氏が安倍首相と同レベルの愚かな政治家であっても、変わらないよりは変わった方がましだと思ってしまいます。これで小池知事が重大な過失をやらかさずに過ごせたとして、次の国政選挙で小池新党が出てきたとしたら、自民党は議席を大きく減らすことになりそうです。
もし自民党が総裁を変えず、安倍首相がそのままトップの座に居座り続けていたら、生粋の左翼である僕でも「小池新党に勝ってもらいたい」と願うと思います。でも実際には、「このままでは自民党政権は持たない」という党の判断で安倍首相が辞める可能性の方が高いと考えているので、次期総裁が岸田氏か石破氏かは知りませんが、「小池首相になるんだったら、まだ岸田さんや石破さんの方がましかなぁ」と思っています。

いずれにせよ、今回の都議会選挙の結果で安倍政権の寿命は確実に縮まったので、その点はよかったと思います。あとは武蔵野市選挙区で、僕が投票した民進党の松下さんが当選してくれればいいのですが、厳しそうですね。

QMAのアイドル検定を振り返る

2017年6月30日(金) 23:59 | アイドル

少し前の話になりますが、今年もQMA(クイズマジックアカデミー)のアイドル検定に挑戦しました。
ランキング期間は5月末から6月23日。1万人以上のプレイヤーが参加して、4447点で全国145位でした。
アイドル検定ランキング
こちらのランキング表は、コナミのQMAのホームページに載っています。

アイドル検定といっても出題範囲は広くて、女性だけでなく男性アイドルもあるし、1970年代のアイドルも対象。それでもいちばん多いのは、女性アイドルではやっぱりAKB48グループ関連で、次いでハロプロ。その他のアイドルは、たまに目が覚めるようなマニアックな問題も出てきますが、割合としてはそれほど多くありませんでした。
前回の2015年9月のアイドル検定では5311点というハイスコアを叩き出し、プレイ時点で全国9625人中48位まで行ったのですが、今回は低調でした。スコアアタックにおけるポイントは「いかに多く難易度の高いタイピングか多答系の問題を引き、正解するか」で、問題の引きは完全に運でしかないのですが、今回はその運がありませんでした。

アイドル好きを自称している僕ですが、広いアイドル界をくまなくチェックしているわけではないので、アイドル検定の問題を見てアイドル界の現状を知ることもありました。
たとえばこの問題。「純情のアフィリア」って聞いたことないぞと思ったら、改名したアフィリア・サーガのことでした。オリジナルメンバーのユカフィンさんが卒業したことは知っていたのですが、そのときにグループ名も変わってたんですね。
線結びクイズ

ほかにも直近の話題をばんばんクイズに盛り込んできます。元アイドリング!!!の古橋さんと関谷さんのユニットが発表されたのなんてついこの間なのに、それを即座にクイズにする仕事の早さ。
並べ替えクイズ
ただ、まねきケチャの藤咲真有香さんの卒業はアイドル検定のスタートとほぼ同時だったので、さすがにクイズに反映することはできず、藤咲さんを選ぶと正解になる連想クイズはそのまま出されていました。

アイドリング!!!といえば、過去のアイドル検定ではファンでも答えられないレベルの難しすぎる問題が出されたことがありましたが、いちばんうなったのがこちら。2013年12月8日に見かけた線結びクイズです。
線結びクイズ2
右側に並ぶアイドルの名前は、アイドリング!!!の最終オーディションで落ちてしまった4期候補生と5期候補生です。問題文で何の説明もないから、これがアイドリング!!!の候補生だと気づくのはコアなファンのみ。すごいところを突いてきます。僕は余裕で正解しましたが、さすがに元候補生のその後を追いかけている人は少ないので、リンガーでも答えられない人は多かったと思います。
ちなみに4期候補生の北澤さんは、3年半経った今も赤マルダッシュ☆で苦労しながらがんばっています。2016年春には5期候補生だった沖口さんがマジカル・パンチラインでアイドルの仲間入りを果たし、同年のミスiDでは4期候補生だった麻生さんの姿もありました。

祝春一番2017

2017年5月 5日(金) 10:48 | フォーク

服部緑地
今年も服部緑地に来ました。
2006年から毎年行って、今年で12年めです。
いつものように開演と会場は11時で、かれこれ40分くらい炎天下で並んでいます。
野外ステージではリハーサルをしています。入り口のところでは、たぶん出演者じゃない人たちが何か歌っていたのですが、離れているので様子は分かりませんでした。
さっきは、今日出演するピン芸人のナオユキさんが歩いているのを見ました。

去年も出ていた加川良さんが亡くなった2017年。反戦の機運が高まる2017年。いつもとは違う雰囲気のライブになりそうです。

きのうは憲法記念日

2017年5月 4日(木) 11:07 | 日記

「改憲の機は熟した」だの「2020年までに改憲する」だのと自称立法府の長がのたまっていたようですが、朝鮮戦争に直接巻き込まれずにすみ、ベトナム戦争に派兵せずにすんだこと、仮にこの先朝鮮半島で何か起きても日本はせいぜい自衛隊が沿岸の警備だけすればいい、そのための「言い訳」が成り立つということなど、今の憲法は後にも先にも日本国民に恩恵を与えてくれているのですが、そんな平和憲法を変えたがる動きを、国民のひとりとしてなんとしても止めたいと思っています。

もっと言うと、今の総理大臣がやりたいことは9条の無効化より立憲主義の否定と基本的人権、国民主権の削減で、共謀罪なんてまさにその象徴なわけですが、この総理大臣は自分が作りたがっている憲法なり法律が、いつか政権交代が起きて敵対勢力に握られたときにどういう使い方をされるか、想像したことがあるんでしょうかね。日本会議が共謀罪で根こそぎ逮捕される世界を。
改憲を考えるなら「次に来る政権の権力を縛る」という視点が欠かせないと思うんですけど、まるで自分が死ぬまで首相をやり続けるような感覚でいろんなことを決めていて、あーこの人は本当に頭が悪いし人格が劣等感でできてるんだなーと思わずにいられないし、そういう人間に権力を持たせたらどうなるかという最も極端な例が今の北朝鮮だということを踏まえたら、もう自民党内の人でも何でもいいからトップを別の人間に替えてくれよと切実に思っているところです。

加川良という歌手のこと

2017年4月 6日(木) 00:21 | フォーク

加川良
年末から体調を崩して入院していたことを知らず、訃報に触れたときは本当に驚きました。
あの飄々とした歌いっぷりをもう見られないと思うとさびしいですが、残してくれた歌はずっと聴き続けたいし、歌い続けたいと思います。

加川良という名前を初めて知ったのは1993年、高校2年生の頃。吉田拓郎さんの楽曲に「加川良の手紙」というのがあって、それが最初でした。
その翌年には、NHKの「BSフォークソング大全集」というテレビ番組で、歌う良さんの姿を初めて見ました。「下宿屋」という曲でした。
僕がフォークソングにのめり込んだ大学1年の冬、1996年2月頃に「教訓」というアルバムを手に取って、そこで初めて加川良さんの曲に本格的に触れました。「教訓I」の詞は衝撃的でした。最初はあの独特の語尾を伸ばす歌い方がなじまなかったけど、だんだん歌い方も含めて好きになりました。
3枚めのアルバム「やぁ。」は当時CD化されていなかったのですが、たまたま立ち寄った大津のパルコでレコードを見つけて、カセットテープにダビングして聴きました。「フォーク・シンガー」という曲はなかなか強烈でした。
冒頭の写真はそのときのレコードと、手元にある良さんのCDとレコードです。「幻のフォークライブ傑作集 加川良ライブ中津川フォークジャンボリー'71」は新宿のディスクユニオンで買ったものですが、今もCD化されていないようです。

ライブを初めて見たのはかなり遅くて、確か2006年の祝春一番。豊中の服部緑地の野外ステージでした。テレビでしか見たことがなかった加川良さんはとてもかっこよくて、歌声も素敵でした。

いつだったか忘れましたが、春一番のステージで「戦争しましょう」という曲を歌っていました。別の年には有山じゅんじさんや坂田明さんも歌っていたのですが、本人が歌ったのは、2014年だったか15年だったか。日本の国家権力がおかしくなってきた時期に良さんが歌ったあの曲が、昔懐かしい反戦歌ではなく、今の政権を風刺するような曲に聞こえたのをよく覚えています。

今日の帰りには「駒沢あたりで」というアルバムを聴いていました。70年代後半の、力が抜けた感じの曲と歌声も好きです。

今年の春一番には加川良さんはいないけど、良さんが残した歌を、良さんの仲間たちとともに、心の中でいっしょに歌いたいと思います。

今年の花粉症メモ

2017年3月 5日(日) 23:38 | 日記

花粉症をわずらっています。
それほど重くはないのですが、コンタクトレンズを使う身にとってはなかなかつらい季節です。
そのつらさも年によってずいぶん違うもので、去年とおととしはそこまででもなかったのですが、今年は去年より花粉の量が多いといわれていて、今からとても心配です。

今後のために、今年の花粉症の記録を記しておきます。
なんとなく症状が出始めたのは2月の下旬。23~25日頃でしょうか。晴れた日に目のかゆみを感じるようになりました。
だんだんきつくなり始めたのが3月に入ってからのこと。2日頃から、目のかゆさがひどくなりました。
今日は昼から夕方まで、池袋で「IVVGP」というアイドルのフリーライブが野外であって、最初から最後までずっと見ていたのですが、途中で何度もくしゃみが止まらなくなりました。くしゃみが頻繁に出るようになったのはきのう、つまり4日からです。

症状の重さは今のところ例年並みの感じです。いちばんひどい年はコンタクトレンズが白く曇ってしまうこともあったのですが、そこまでの兆しはありません。これくらいの症状で花粉のシーズンが終わればいいのですが。
今後花粉について何も触れなければ、花粉症の症状は例年どおりもしくは例年以下ということ。もしひどくなったら、あらためてメモします。