加川良という歌手のこと

2017年4月 6日(木) 00:21 | フォーク

加川良
年末から体調を崩して入院していたことを知らず、訃報に触れたときは本当に驚きました。
あの飄々とした歌いっぷりをもう見られないと思うとさびしいですが、残してくれた歌はずっと聴き続けたいし、歌い続けたいと思います。

加川良という名前を初めて知ったのは1993年、高校2年生の頃。吉田拓郎さんの楽曲に「加川良の手紙」というのがあって、それが最初でした。
その翌年には、NHKの「BSフォークソング大全集」というテレビ番組で、歌う良さんの姿を初めて見ました。「下宿屋」という曲でした。
僕がフォークソングにのめり込んだ大学1年の冬、1996年2月頃に「教訓」というアルバムを手に取って、そこで初めて加川良さんの曲に本格的に触れました。「教訓I」の詞は衝撃的でした。最初はあの独特の語尾を伸ばす歌い方がなじまなかったけど、だんだん歌い方も含めて好きになりました。
3枚めのアルバム「やぁ。」は当時CD化されていなかったのですが、たまたま立ち寄った大津のパルコでレコードを見つけて、カセットテープにダビングして聴きました。「フォーク・シンガー」という曲はなかなか強烈でした。
冒頭の写真はそのときのレコードと、手元にある良さんのCDとレコードです。「幻のフォークライブ傑作集 加川良ライブ中津川フォークジャンボリー'71」は新宿のディスクユニオンで買ったものですが、今もCD化されていないようです。

ライブを初めて見たのはかなり遅くて、確か2006年の祝春一番。豊中の服部緑地の野外ステージでした。テレビでしか見たことがなかった加川良さんはとてもかっこよくて、歌声も素敵でした。

いつだったか忘れましたが、春一番のステージで「戦争しましょう」という曲を歌っていました。別の年には有山じゅんじさんや坂田明さんも歌っていたのですが、本人が歌ったのは、2014年だったか15年だったか。日本の国家権力がおかしくなってきた時期に良さんが歌ったあの曲が、昔懐かしい反戦歌ではなく、今の政権を風刺するような曲に聞こえたのをよく覚えています。

今日の帰りには「駒沢あたりで」というアルバムを聴いていました。70年代後半の、力が抜けた感じの曲と歌声も好きです。

今年の春一番には加川良さんはいないけど、良さんが残した歌を、良さんの仲間たちとともに、心の中でいっしょに歌いたいと思います。

今年の花粉症メモ

2017年3月 5日(日) 23:38 | 日記

花粉症をわずらっています。
それほど重くはないのですが、コンタクトレンズを使う身にとってはなかなかつらい季節です。
そのつらさも年によってずいぶん違うもので、去年とおととしはそこまででもなかったのですが、今年は去年より花粉の量が多いといわれていて、今からとても心配です。

今後のために、今年の花粉症の記録を記しておきます。
なんとなく症状が出始めたのは2月の下旬。23~25日頃でしょうか。晴れた日に目のかゆみを感じるようになりました。
だんだんきつくなり始めたのが3月に入ってからのこと。2日頃から、目のかゆさがひどくなりました。
今日は昼から夕方まで、池袋で「IVVGP」というアイドルのフリーライブが野外であって、最初から最後までずっと見ていたのですが、途中で何度もくしゃみが止まらなくなりました。くしゃみが頻繁に出るようになったのはきのう、つまり4日からです。

症状の重さは今のところ例年並みの感じです。いちばんひどい年はコンタクトレンズが白く曇ってしまうこともあったのですが、そこまでの兆しはありません。これくらいの症状で花粉のシーズンが終わればいいのですが。
今後花粉について何も触れなければ、花粉症の症状は例年どおりもしくは例年以下ということ。もしひどくなったら、あらためてメモします。

6日遅れのケーキ

2017年2月27日(月) 01:05 | 日記

ケーキ
誕生日の当日に食べそびれたケーキを、6日経ってひとりで食べていました。基本的に甘いものは好きです。お酒も好きです。

今日はずっと家でパソコンをいじっていました。四半世紀前からパソコンに触れていて、MS-DOSの真っ黒な画面にコマンドを打ち込むことにも慣れているのに、プログラミングは一切できません。自分でWindowsの簡単なアプリケーションすら作れません。周りからはパソコンに詳しい人扱いされていますが、実際は素人にすね毛が生えたようなものです。

土曜日に「USB赤外線リモコンアドバンス」という機械を買って、パソコンから赤外線リモコンを送信できるようにしました。本当はコマンドプロンプトから直接リモコンを操作したいのですが、そういう単純なアプリすら作れないので、その代わりとして「公式のアプリを立ち上げて、自動的にマウスのカーソルを動かしてアプリ上のボタンをクリックするバッチファイル」なんてのを作っていました。「立ち上げたアプリのウィンドウの位置を決まった場所に設定するフリーソフト」「あるキーを押すと、決まったキー操作やマウス操作を行うフリーソフト」「コマンドラインからキー操作を出力するフリーソフト」の3つのソフトをバッチファイルから起動させるという力技で、どうにか目的の操作を実現できました。
自宅のパソコンでの録画環境の改善にまつわる話なのですが、詳細は後日紹介したいと思います。

今日は××回めのお誕生日

2017年2月20日(月) 23:29 | 日記

去年の誕生日って何を書いたっけと思って日記を見てみたら、おいしそうなケーキの写真が載っていました。
今日はケーキを買うという発想すらありませんでした。自宅のパソコンの録画環境をどうしようかということで頭がいっぱいで、実は少し前に新しい機械を買って、きのうからいろいろと設定を試したりして、今日も予約録画のためのマクロのプログラムをどうやって作ろうかあれこれと思い悩んでいたら、誕生日気分はどこかに吹き飛んでしまいました。せっかくの記念日なのに、しかも10年に一度の節目の日でもあるのに、家での過ごし方がいつもと同じになってしまったのは実に残念です。

別に誕生日がめでたくないと思っているわけではありません。ただ年齢が年齢だけに、今までの誕生日とはいくぶんか気持ちが違うのも確かです。別に年齢がひとつ増えたからって何も変わることはないのですが、大台に乗ってしまったという現実の重さは、予想していた以上に大きなものです。名実ともにおっさんになったという現実。社会からおっさんとしての生き様を要求されるという事実。これからいろんな書類に自分の年齢を書くときに、そのことをいちいち実感させられるわけで、慣れるまで時間がかかりそうです。
自分は40代の人間にしてはあまりにも頼りないのですが、この世界で生かされている以上は、せめて年齢にふさわしいふるまいができる人でいようと思いました。

イヤホン沼って本当にあるんだねと思った話

2017年2月15日(水) 22:00 | 日記

2か月ほど前の話になるのですが、ヨドバシカメラでイヤホンを買いました。
用途はスマートフォンでネット配信などの音声を聴くため。これまでは無線のBluetoothイヤホンを使っていたのですが、電池の持ち時間という制約があるので、何の気兼ねもなく使える有線イヤホンが欲しくなったのです。

今までイヤホンを単独で買ったことはほとんどありません。携帯音楽プレイヤーはこれまでにiPodを1個、ウォークマンを2個買って、付属していたイヤホンをそのまま使っていました。ウォークマンは今でも普通に使っているのですが、ノイズキャンセラー機能があるためにスマホのイヤホンと端子の仕様が異なるので、イヤホンを兼用したくてもできないという事情があります。
何年か前に一度だけ、100円そこそこの超激安イヤホンを買ったことがあって、あまりの音質の悪さに驚きました。今までそれなりにいい性能のイヤホンしか使ったことがなかったので、イヤホンの違いでこんなに差が出るものかと初めて気づきました。

ヨドバシカメラ吉祥寺のイヤホンコーナーには、何万円もする最高級品から1000円以下のものまで、ありとあらゆる商品が並んでいました。普段は遠くから眺めるくらいでしたが、いざ売り場に入ってみると、こんなに種類があるものかと驚かされます。とはいえ、ハイレゾプレイヤーならともかく、スマホでネット配信やネットラジオを聴くのに高いイヤホンはとても釣り合わないので、買うのは「安くてそこそこいいイヤホン」でじゅうぶんです。せいぜい2000円台が限度です。

イヤホンは手持ちの端末で試聴できます。試聴に使ったのは、そのときたまたまスマホに入っていた、PASSPO☆の「TRACKS」のミュージックビデオでした(CSの音楽番組を録画したものをもとに自分で編集してエンコードした動画です)。当時卒業を控えていた奥仲麻琴さんのかわいさを一切眺めることなく、イヤホンから聞こえる9人のユニゾンに全神経を集中させます。
音源は192kbpsのAAC。スマホでこれ以上の高品質の音を扱うことはほとんどないので、スマホ用のイヤホンの比較には適しているはずです。

実際に聴き比べてみると、本当に十人十色、千差万別なんですね。同じ価格帯のイヤホンでもかなり違いがあります。全体的に低音に偏っていたり、逆に低音が薄くて中高音がしっかり聞こえたり。3000円以下の価格帯だと、どれも一長一短があるように感じました。1万円超えの高級品も試してみたのですが、やっぱりいい音がします。どの音域もしっかり聞こえます。きっとCD音源やハイレゾ音源で試せば、もっと明確な違いが出るんでしょうね。

金額と音質の妥協点を探るべく、低価格帯のイヤホンを手当たり次第に試聴してみて、少しずつ候補を絞りながら2周め3周めに差しかかりつつ、たまに高級イヤホンを試したりと、いろいろやっていたら30分くらい時間が経っていました。「イヤホン沼」なんて言葉がありますけど、沼が本当にあることを身をもって実感しました。
SHE8100
そうして長い時間をかけて僕が選んだのがこれ。フィリップスの「SHE8100」というイヤホンです。価格は確か税抜きで2500円くらいでした。値段のわりに音のバランスがよかったので選びました。ネットで評判を調べてみると、おおむね高評価のようです。
今日も帰りにスマホでアイドルネッサンスのネット配信を見て、野本ゆめかちゃんの興奮してうわずった声や、新井乃亜ちゃんの興奮した高い声をクリアな音で楽しみました。我ながらいい買い物だったと思います。「2000円くらいでいいイヤホンが欲しい」という方にはおすすめできます。

僕がイヤホンを選んだときはひとつの音源だけで聞き比べたのですが、音楽のジャンルごとに最適なイヤホンも変わるのかもしれません。実際、世の中にはそうやって複数のイヤホンを使い分ける人もいるみたいですし。でもそれはきっと10万円以上するポータブルハイレゾプレイヤーを使うような天上界の話であって、スマホでちょっとした音を聴くくらいなら、素直にコストパフォーマンスの良いイヤホンを選ぶのがいいんじゃないかと思います。

サイトの文字を大きくしたことと、このサイトの成り立ちに関する話

2017年2月13日(月) 23:22 | 日記

当サイトをパソコンで見たときの文字を大きくしました。以前は14pxでしたが、16pxに拡大しました(現在も記事本文以外の、メニューなどの文字は14pxです)。
それに伴って、サイトの横幅は850pxから960pxに拡大しました。記事部分の横幅は600pxです。
スマホ版は特に変更していませんが、近いうちにこちらも文字を大きくするかもしれません。

そういえば、サイトを今のデザインにしたのはいつだっけと思って振り返ってみたら、2013年4月のことでした。当時の日記(下記)に旧サイトのデザインのスクリーンショットが載っているのですが、あらためて見るとわりと大がかりな変更だったんですね。今のデザインが個人的にしっくり来ているのと、更新頻度がものすごく低くなって最近は放置気味という事情のため、サイトの改善をしようという気概もなく4年近く現状維持を続けて、ようやく重い腰を上げて文字サイズの変更だけしてみたということです。

2年ぶりにサイトのデザインを一新

文字を大きくするトレンド

仕事では雑誌や新聞、パンフレットなどの紙媒体の制作がメインですが、ウェブサイトの仕事も受注します。だからいちおうウェブサイトのデザインのトレンドみたいなものには触れているつもりです。ここ2~3年の大きな動きはいくつかありますが、その中で当サイトとも関連しそうなのは「レスポンシブデザイン」と「見出し、本文、画像などの要素の巨大化」の2点です。
レスポンシブデザインとは、同じサイトを異なる画面サイズの端末で閲覧する場合に、それぞれの環境に合った表示を1つのHTMLで実現させる方式のことです。パソコン用、タブレット用、スマホ用で(サーバーで端末を判断して振り分けて)別々のページにアクセスさせるのではなく、いずれも同じページにアクセスさせるけれど、見え方はそれぞれ変わるようにします。会社で受注するサイト制作の依頼のうち、だいたい8割くらいがレスポンシブ対応を求められます。
当サイトもレスポンシブに対応しています。2013年4月以降、しばらくはスマホでもパソコンと同じ表示がされていて、それでも大きな支障はなかったのですが、やはりテキスト中心のサイトで横スクロールが出るのは不親切だということでレスポンシブ化に取り組み、同年11月に対応が完了しました。

当サイトがスマートフォンに対応しました

もうひとつのトレンドは「見出し、本文、画像などの要素の巨大化」です。現在、ニュースサイトの記事本文は16pxが標準です。昔は14px以下のサイトも多かったと記憶していますが、最近では減ってきました。
見出しや写真の扱いも昔より大きくなったように思います。その極端な事例が、去年の終わりに問題になったいわゆるキュレーションサイトで、すっかすかな内容を埋めるかのような意味のない大きな写真、検索エンジンに読ませるためだけのキーワードをちりばめた大きな見出しを配置するあのスタイルは独特の臭気を放っています。
キュレーションサイトの様式は極端だとしても、ページビューを増やすことに命をかける人たちが「どのフォントサイズが最も読まれるか」という試行錯誤を重ねた結果があのデザインなわけですから、そのノウハウはある程度は信頼してもいいのでしょう。
ただ個人的な好みとして、あらゆるサイトで見かける「記事の冒頭にイメージ画像を置く」という風潮だけは好きになれないので、そういう技法は取り入れません。わざわざ記事を読みに来てくれた方に、記事の本題に入る前に関係ない画像を見せるのは失礼なのではと個人的には思っています。このへんの話は過去の日記でも書きました。

そのイメージ画像は誰のため?

Movable Typeでサイトを作り続ける理由

個人がブログを運営するなら、アメーバブログやはてなブログやLINEブログなど無料で使えるサービスを使うのが普通ですが、僕は2007年1月以降、月額515円を払ってレンタルサーバーを借りて、そこに「Movable Type」というシステムを入れて自前でサイトを運営しています。2006年末まではシーサーブログというサービスを使っていました。さらに言えば2004年5月から半年くらいはフリーの日記CGIサービスを使っていて、このときがインターネットで文章を公開し始めた最初の経験でした。シーサーブログからMoveble Typeに移行したときのことも過去の日記に書いています。とはいえ今から10年以上も前の話で、当時とはウェブを取り巻く状況はずいぶん変わったので、参考にできるところはほとんどないかと思いますが。

日記の移転が完了しました
サイトのカスタマイズは一段落
Movable Type移行メモ(1)…シーサーブログの限界
Movable Type移行メモ(2)…Movable Typeの導入とサーバー選び

なぜわざわざ自前でブログを運営しているかといえば、「ただより高いものはない」ということわざに尽きます。このほか、個人でサイトを作ることでウェブデザインやウェブサーバーに関する知識を身に付けたいという目的もあります。
Movable Typeにもブログのテンプレートがあって、このテンプレートを適用すれば誰でもすぐにブログが作れるのですが、当サイトのデザインは既存のテンプレートを踏襲していない、完全なオリジナルです。
2006年に会社でウェブサイトを作る仕事があって、それでMovable Typeの使い方を覚えたのが始まりです。さらに言えば、前職でもウェブサイトのデザインをする必要があって、HTMLの書き方を独学で身に付けました。

個人的には「既存のブログサービスではできないことをしたい」「自分でサイトを作ることでウェブデザインの知識をつけたい」という明確な意図がなければ、わざわざ自分でお金を払ってブログを運営することはないと思います。
特にアフィリエイト収入が目的でブログを運営する人にとっては、おそらくは既存のブログサービスの方がSEO(検索エンジン最適化)的に有利なので、よほどのことがなければ既存のサービスを使うのがよさそうです。

WordPressではなく、あえてMovable Type

既存のサービスではない自前のブログを立ち上げるなら、今ならWordPressというシステムを選ぶ人がほとんどだと思います。
WordPressは無料で使えるうえ、無料ゆえに機能を拡張するためのプラグインも充実しています。Movable Typeは商用で使う場合はそれなりのお金がかかってしまうので、どうしても無料の方が選ばれやすいのでしょう。
個人で非商用で利用する場合は、どちらのシステムを選んでも自由です。僕も一時、このサイトのシステムをWordPressに移行することを検討しました。そのうえでMovable Typeを使い続けています。

その理由は、Movable Typeで作るサイトは基本的に静的HTMLであることと、生成されるサイトのURLを通し番号にしたいけれど、それがWordPressでは難しかったことです。いずれもそこまで重大な理由でもなく、完全に好みの問題です。
動的ページにすることで、サイトの表示が1秒程度遅れてもそんなに問題ないとか、個別ページのURLは自分で指定するかシステム任せでいいという場合は、ユーザーが圧倒的に多くてプラグインも豊富なWordPressを選んだ方がいいかと思います。

スマホ版の文字サイズとメール投稿をどうするか

サイトの横幅と文字サイズを調整したついでに、Movable Typeのバージョンも最新にしました。現時点での最新のバーションは「6.3.2」で、去年の9月にはリリースされていたのですが、このサイトのバージョンは長いこと「6.2.4」のまま止まっていました。古いバージョンには画像のアップロードに関していろいろと不具合があったのですが、ようやくそれが解消しました。
さらに、印刷用CSSも見直しました。印刷用CSSというのは、サイトを印刷するときのみ適用されるデザインの設定ファイルのことです。当サイトの印刷設定は、通常の表示とはかなり大胆に変えていて、サイドナビなどをすべて取り払って記事のタイトルと本文のみが印刷されるようにしています。今回はこれに加えて、大きい画像を印刷のときのみ縮小するなどの措置を追加しました。気になった人は、ブラウザーで印刷プレビューを見ていただければと思います。
もちろん、このサイトを印刷する人なんていないことは分かっています。僕も印刷したことはありません。ただの自己満足です。

今後は、冒頭にも書いたようにスマホで見た場合の文字サイズの調整をしようと考えています。現状は一般的なニュースサイトよりちょっと文字が小さいのですが、大きくするとトップページの縦スクロールが今以上に長くなってしまうので、大きくするか現状維持か決めかねているところです。

あとはメールで記事を投稿できるようにしたいと思います。以前はMovable Typeのメール投稿サービスを無償で提供する業者があったのですが、ずいぶん前にサービスをやめてしまったので、今は外出先でサイトを更新するとき、わざわざブラウザーから管理画面を立ち上げています。これだとかなりめんどうなので、以前のようにメールで更新できるよう、必要なプラグインを入れてみたいと思います。

あるアイドルの訃報

2017年2月 8日(水) 23:42 | アイドル

ついさっきまで元気だった人が夜に急に体調を崩して、次の日の朝に亡くなったというのを、十数年前に身近なところで見たことがあります。高齢ではあったけど健康には人一倍気をつかってきた人で、少なくともあと20年は健在だろうと、周りの人はみんな思っていたはずです。
まれな確率ではあるけれど、誰にでも起こりえること。もちろん自分自身にも。

「私立恵比寿中学」18歳松野莉奈さん急死 病死か(日刊スポーツ)

エビ中については詳しくなくて、8人中3人くらいしか顔と名前が一致しない程度です。生でライブを見た機会もたぶん2012年の東京アイドルフェスティバルの野外ステージが最後で、あとは2014年の@JAM EXPOのトーク企画でステージの近くに座っていたら、ライブを終えたばかりのエビ中のメンバー8人が2m弱の至近距離に来てくれて、すごく得した気分になったことを覚えています。
特に推しているわけではないのに、訃報を目にした瞬間のショックはやはり大きなものでした。アイドルファンの端くれとして、現役のアイドルがこういう形で去ってしまうことの悲しさが実感として分かるので、メンバーのこと、ファンのことを思うとつらい気持ちになります。

アイドルがライブやイベントを体調不良で休むことは珍しくありません。特に今みたいな寒い時期は、風邪やインフルエンザでダウンしてしまうのは仕方のないことです。ファンにとってはお目当てのメンバーに会えなくなるのは残念だけど、体調を崩したことを非難する人は誰ひとりいなくて、アイドルファンはみんなアイドルのことを心配します。まれに体調不良が長引いて活動休止になってしまったり、体調が戻らずに卒業してしまうこともありますが、ほとんどの場合、数日後には元気な姿で戻ってきます。松野さんがきのうのライブを休んだときも、メンバーはみんなすぐに戻ってくると思っていたはずです。それなのに、日付が変わって急に訃報を聞かされることになって、メンバーが受けた衝撃の大きさはちょっと想像できません。

メジャーなアイドルグループのメンバーが亡くなったのは1999年のカントリー娘。以来でしょうか。最近だと、病気と戦いながらアイドル活動を続けて、2015年に亡くなった丸山夏鈴さんもいました。
松野さんがなぜ亡くなったのか、詳しい発表はありません。あまりにも急なことで、事務所もご両親と話ができていないでしょうし、メンバーも心の整理がついているはずがないので、何かあるとしてもしばらく後のことになると思います。

今の自分には特定の推しグループや推しメンバーはいないのですが、好きなアイドルや気になっているアイドルはたくさんいます。そのアイドルたちも突然の悲劇に見舞われるかもしれないという現実がつらいし、みんなが今回の件で悲しんでいることを想像できるからつらい。架空のキャラクターではない、生身の人間だから仕方のないことだけど、それでも「18歳のアイドルが何の前触れもなく急に亡くなってしまった」という重い現実は、なかなか受け入れられるものではありません。